2017年7月1日土曜日

マラソン経済研究所 2017.6/25〜7/1のトピック 100km世界記録まで45秒、世界陸上日本代表発表 他

今週は、サロマ湖100kmウルトラマラソンで素晴らしい記録が出ました。
板垣辰矢選手が砂田貴裕選手が19年前に記録した世界記録まであと45秒の6時間14分18秒で優勝しました。
今年のサロマは雨が降り続き、スタート時点の午前5時が一番気温が高く、そこから気温が下がっていく難しいコンディションで、完走率も71%と昨年よりも下がりました。

一方で、80kmから90kmまでの向かい風を除けば、風はスタートからゴールの方向に追い風が吹いていて、一定のペースを守って走れたランナーにとっては記録が出やすいコンディションで、良かったランナーと悪かったランナーと二極化した結果となりました。

男子については、ここ数年、世界記録に迫る記録が出ており、近いうちに世界記録が更新されるのではないかと思います。

女子は、マラソンで世界陸上の代表経験がある加納由理選手が初100kmを7時間37分で優勝しました。女子の世界記録は安部友恵さんの6時間33分。7時間を切った女性ランナーは安部さんただ1人です。女子の記録については、なかなか破る人は現れないのではないかと思います。

世界陸上の日本代表選手の第1次発表も今週ありました。選考基準は細かく規定されていて、リレー種目以外は、選出の優先順位が決まっており、該当者が全て選出されました。
女子長距離では、松田瑞生選手、鈴木亜由子選手、上原美幸選手、鍋島莉奈選手が選ばれました。あと5000mで枠が1つ残っており、日本選手権3位に入った小笠原朱里選手(山梨学院高)が7/13ホクレンディスタンス網走大会で15分22秒を切れば選出される見込みで、切れなかった場合、日本選手権4位以下で参加標準記録を切っている選手が選出される可能性も残されています。
男子長距離は、リオ五輪よりも参加標準記録が厳しくなりました。唯一1万mで参加標準記録を突破していた村山紘太選手が日本選手権を欠場したこともあり誰も決まっておりません。大迫傑選手をはじめ、日本選手権3位までに入った選手が7月の指定大会で参加標準記録をクリアすれば追加招集があります。

Facebookページ マラソン経済研究所
https://www.facebook.com/maraken2014

ウォーターサーバー

大阪城公園のお堀を泳ぐ
6/25 大阪城トライアスロン 開催



6/25 陸上日本選手権 女子5000m 鍋島莉奈選手優勝
参加標準記録を突破し、世界陸上代表内定
2位鈴木亜由子選手も代表確実に
3位小笠原朱里選手は、18歳未満の日本記録
男子5000mは、松枝博輝選手が初優勝

女子5000m結果 (世界陸上参加標準記録 15:22.00) 
1 鍋島 莉奈 15:19.87 JP日本郵政G
2 鈴木亜由子 15:20.50 JP日本郵政G
3 小笠原朱里 15:23.56 山梨学院高
4 一山 麻緒 15:26.25 ワコール
5 阿部有香里 15:28.62 しまむら
6 松崎 璃子 15:29.74 積水化学
7 木村 友香 15:34.64 ユニバーサル
8 森田 香織 15:36.19 パナソニック
9 尾西 美咲 15:36.65 積水化学
10 矢田みくに 15:40.59 ルーテル学院高
11 加世田梨花 15:41.27 名城大
12 横江 里沙 15:41.60 豊田自動織機
13 小井戸 涼 15:41.93 日立製作所
14 鷲見 梓沙 15:44.63 ユニバーサル
15 中村 萌乃 15:47.68 ユニバーサル
16 福田 有以 15:49.72 豊田自動織機
17 関谷 夏希 15:53.16 大東文化大
18 石井 寿美 15:53.91 ヤマダ電機
19 関根 花観 15:54.94 JP日本郵政G
20 西原 加純 16:06.92 ヤマダ電機
21 出水田眞紀 16:13.80 立教大
22 佐藤 成葉 16:15.58 立命館大
23 筒井 咲帆 16:18.59 ヤマダ電機
24 田邉 美咲 16:29.48 三井住友海上
25 青山 瑠衣 16:30.24 ユニバーサル
26 森林 未来 16:32.49 諫早高
27 後藤奈津子 17:02.03 宮崎銀行
OPEN アン カリンジ 15:19.62 豊田自動織機

男子5000m結果 (世界陸上参加標準記録 13:22.60) 
1 松枝 博輝 13:48.90 富士通
2 大六野秀畝 13:50.07 旭化成
3 中村 匠吾 13:50.91 富士通
4 上野裕一郎 13:53.30 DeNA
5 市川 孝徳 13:53.55 日立物流
6 鎧坂 哲哉 13:53.87 旭化成
7 設楽 悠太 13:54.71 Honda
8 平  和真 13:58.70 カネボウ
9 横手  健 14:06.85 富士通
10 服部 弾馬 14:14.24 トーエネック
11 牟田 祐樹 14:19.78 日立物流
12 秦  将吾 14:28.88 大塚製薬
13 伊藤 弘毅 15:08.89 東京陸協
OPEN ンガンガ・ワウエル 14:02.02 興國高



世界記録まで、あと45秒
6/25 サロマ湖100kmウルトラマラソン男子 板垣辰矢選手が
6時間14分18秒で2連覇
LAP TIME
0-10km 37:27 (3:44.7/km)
10-20km 36:02 (3:36.2/km)
20-30km 36:09 (3:36.9/km)
30-40km 35:29 (3:32.9/km)
40-50km 35:43 (3:34.3/km)
50-60km 37:16 (3:43.6/km)
60-70km 36:59 (3:41.9/km)
70-80km 39:23 (3:56.3/km)
80-90km 41:04 (4:06.4/km)
90-Finish 38:46 (3:52.6/km)

前半 3:00:50 (3:37.0/km)
後半 3:13:28 (3:52.2/km)
記録 6:14:18 (3:44.6/km)
100km男子世界記録 6時間13分33秒 砂田 貴裕 (1998年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン)
2017サロマ湖100kmウルトラマラソン 結果 (ラップタイム)完走率 http://bit.ly/2tLxNRs



「給スイカ」頬張り疾走 雨の中1万1千人(千葉県富里市) 
6/25 富里スイカロードレース 10km等 開催



世界陸上ロンドン 日本代表 トラック&フィールド種目
第1次代表選手発表
(参加標準記録を突破し、日本選手権3位以内 または日本GP日本人1位、GGP川崎で日本人1位の選手が該当(女子長距離は日本GP優勝))
【男子】
100m
・サニブラウン ハキーム(東京陸協) 日本選手権優勝
・多田修平(関西学院大) 日本選手権2位
・ケンブリッジ飛鳥(Nike) 日本選手権3位
200m
・サニブラウン ハキーム(東京陸協) 日本選手権優勝
・飯塚翔太(ミズノ) 日本選手権3位
400m
・北川貴理(順天堂大) 日本選手権優勝
110mH
・高山峻野(ゼンリン) 日本選手権優勝
・増野元太(ヤマダ電機) 日本選手権3位
・大室秀樹(大塚製薬) GGP川崎日本人1位、織田記念優勝
400mH
・安部孝駿(デサントTC) 日本選手権優勝
走高跳
・衛藤昂(AGF) 日本選手権優勝
棒高跳
・山本聖途(トヨタ自動車) 日本選手権優勝
・荻田大樹(ミズノ) GGP川崎優勝
三段跳
・山本凌雅(順天堂大) 日本選手権優勝
十種競技
・中村明彦(スズキ浜松AC) 日本選手権優勝
・右代啓祐(スズキ浜松AC) 日本選手権2位
4×100mリレー(候補選手)
・桐生祥秀(東洋大学) 日本GP 織田記念 優勝 (100m)
・藤光謙司(ゼンリン)  日本選手権2位 (200m)
4×400mリレー(候補選手)
・佐藤拳太郎(富士通) 日本選手権2位 (400m)
・木村和史(四電工) 日本選手権3位 (400m)
【女子】
5000m
・鍋島莉奈(JP日本郵政G) 日本選手権優勝
・鈴木亜由子(JP日本郵政G) 日本選手権2位
10000m
・松田瑞生(ダイハツ) 日本選手権優勝
・鈴木亜由子(JP日本郵政G) 日本選手権2位
・上原美幸(第一生命グループ) 日本選手権3位
出場枠3名埋まっていない種目は、7/23までに参加標準記録突破者が出た場合追加招集あり。(日本選手権上位3名が優先)
7/24に第2次代表選手発表


「付いた脂肪を落とすには、速く走る必要はない」
みるみる締まるLSDランニング 歩くより遅いランなのに痩せる (NIKKEI STYLE)



7日間で250km走る
4/30-5/6 サハラ砂漠マラソン 
Sahara Race Namibia
55歳からの砂漠マラソン| ホウドウキョク
フジテレビ報道局シニアコメンテーター鈴木款による挑戦の記録
(1)あえて挑戦した過酷レース http://bit.ly/2sL5mVk
(2)地獄へようこそ! http://bit.ly/2tgu6WX
(3)摂氏45度の灼熱に倒れる http://bit.ly/2saMHnz
(4)世界には無限の楽しみがある http://bit.ly/2tPubhF



群馬・四万温泉から草津温泉までの72.7km
6/25 第4回スパトレイル四万to草津 開催



2018年2月25日開催 東京マラソン 大会要項発表
一般エントリーは8/1〜8/31
フルマラソン定員35,500人 参加料 国内10,800円
・チャリティランナーの申込み7/1〜7/31 先着順4,000人。
・ONE TOKYOプレミアムメンバー先行申込 7/3〜7/31 抽選 定員3,000人
・RUN as ONE (準エリート枠、一般枠、学生枠、海外枠) 計約2000人
チャリティランナーの増員・申込期間の変更以外、
コース・定員・参加料等の変更はなさそうです。
======
抽選大会のフルマラソン大会の申込者数の推移 http://bit.ly/1BE9JNQ
2017東京マラソン 完走記
(その1) http://bit.ly/2lIeROn
(その2) http://bit.ly/2lI2WQK
2017東京マラソン スタートからフィニッシュまでダイジェスト Tokyo Marathon 2017 https://youtu.be/jwUZE369oHo




陸上 日本選手権で1万m2連覇大迫傑選手
大迫傑「1年ぶりの1万mですけど」圧勝。長距離界で図抜けた存在に| web Sportiva



神戸マラソン 国際陸連IAAF ブロンズラベル大会を目指し、
海外有力選手の招へいへ
ウエーブスタートの細分化も検討



IAAF 国際陸連のトップページに
7/2のゴールドコーストマラソンで70回目のフルマラソンを走る
川内優輝選手の特集記事



柏原竜二さん 川崎市消防局の人材育成研修で講演
「チーム力」伝授 



昨年のリオ五輪に続き、
ロンドン世界陸上5000m、10000m代表の鈴木亜由子選手
復調した才媛ランナー・鈴木亜由子「東京五輪のために今確かめたい」| web Sportiva



6/25サロマ湖100kmウルトラマラソン
初100km/初優勝の加納由理選手 
サロマ湖100kmウルトラマラソンに初挑戦・優勝して見えてきたこと ブログ | 加納由理オフィシャルサイト http://bit.ly/2sqHkvo
《回顧録》サロマ湖100kmウルトラマラソン。悪天候、ハードな戦いを乗り越えて ブログ | 加納由理オフィシャルサイト http://bit.ly/2sV5vpB
2017サロマ湖100kmウルトラマラソン 結果 (ラップタイム)完走率 http://bit.ly/2tLxNRs



7/9 長野・松本市の美容室「ニチカ」にランニングステーション開設 お披露目兼ねイベントも -
利用料400円 タオルレンタル200円 



12/10開催 ホノルルマラソン
初の公式應援團としてロックバンド「氣志團」が就任



10/1開催 東北・みやぎ復興マラソン 公認コース承認
宮城県初の日本陸連公認フルマラソン大会へ
フルマラソン7/17までエントリー延長
(現在定員12000人うち11000人強エントリー)



日清食品グループ佐藤悠基選手が招待選手として出場
10/1開催 会津若松市鶴ケ城ハーフマラソン 7/10まで受付中



12/17開催 防府読売マラソン 大会要項決定
一般申込は7/31〜
参加料8000円、制限4時間
男子の部   
■カテゴリー1(定員:なし)
・マラソン:2時間40分以内
・ハーフ:1時間12分以内

■カテゴリー2(定員:先着970人)
・マラソン:3時間00分以内
・ハーフ:1時間17分以内
■カテゴリー3(定員:先着1,100人)
・マラソン:3時間30分以内
・ハーフ:1時間25分以内
■カテゴリー4(定員:先着400人)
・マラソン:4時間00分以内
・ハーフ:1時間33分以内
女子の部   
■カテゴリー1(定員:なし)
・マラソン:3時間00分以内
・ハーフ:1時間17分以内
■カテゴリー2(定員:先着200人)
・マラソン:3時間30分以内
・ハーフ:1時間25分以内
■カテゴリー3(定員:先着100人)
・マラソン:4時間00分以内
・ハーフ:1時間33分以内
2016防府読売マラソン 結果 (ラップタイム)
http://marathon-world.blogspot.jp/2016/12/2016_18.html


夏特集
****************************
マラソン経済研究所のアクセス数TOP10
2017年5月  キプチョゲ非公認ながら世界記録超え、アートスポーツ自己破産 他
2017年4月 ボストンマラソン大迫選手3位、柏原竜二選手引退 他
2017年3月 世界陸上マラソン代表決定 名古屋ウィメンズマラソン 他
2017年2月  山中教授サブ3.5達成、東京マラソン、愛媛マラソン川内選手サブ10 他
2017年1月 豪華メンバーの丸亀ハーフマラソン  東京マラソン事前情報 他
2016年12月 福岡国際マラソン川内優輝選手3位 他
2016年11月 深刻な財政難に陥っている さいたま国際マラソン 他
2016年10月 出雲駅伝 箱根駅伝予選会  宮城でフルマラソン開催へ 他
2016年9月 リオパラリンピック ベルリンマラソン ぎふ清流ハーフ 他
2016年8月 リオ五輪マラソン・長距離 別大マラソン大会要項発表 北海道マラソン 
2016年7月 野口みずきさん結婚 豪・マラソン川内優輝選手サブ10
2016年6月 陸上日本選手権大迫傑選手2冠リオへ 東京マラソン2017大会要項発表
2016年5月 猫ひろしリオ五輪代表決定 大谷遼太郎選手 仙台国際ハーフ
2016年4月  野口みずき選手引退、 さいたま国際 制限6時間に、 フル走り方
2016年3月 スーツで走る川内選手、東京マラソンコース変更、リオ五輪代表決定
2016年2月 横浜マラソン10月末に 愛媛銀行陸上部 マラソン代表選考 
2016年1月 大阪国際女子マラソン福士選手 箱根駅伝のタブー 松本マラソン
2015年12月 マラソン大会ですぐに返金を求める風潮が怖い(湘南国際マラソン)
2015年11月 2時間42分で完走 神戸マラソン 上位猛追、コスプレランナーは実力派
2015年10月 第3回ちばアクアラインマラソン 2016年10月23日開催 決定
2015年9月 東京マラソン2016参加者申込  313,840人過去最高(抽選倍率11.3倍)
2015年8月 世界陸上女子5000m決勝 鈴木亜由子選手惜しくも入賞逃すも日本歴代5位
2015年7月 サロマ湖ウルトラマラソン  北海道内唯一 29年連続出場 好記録で完走
2015年6月 陸上 日本選手権 男子10000m 鎧坂 哲哉選手 独走で初優勝
2015年5月 黒部名水マラソン川内優輝選手 フル通算20回目の優勝 17週連続出場で達成
2015年4月 ニトリ女子陸上部創設会見 マラソン特化で、東京五輪でメダルを目指す
2015年3月 世界陸上女子マラソン選考問題/川内優輝選手が語る。
2015年2月 大迫傑選手、日清食品グループ退部。米国を拠点に
2015年1月 スタート直後から頑張ってはいけない最適なレースプラン

えきのる

マラソン経済研究所 2017年6月
6/18〜6/24のトピック 陸上日本選手権  / 日米で死亡事故 他
6/11〜6/17のトピック 冠スポンサーがついたウルトラマラソン 日本最速夫婦GCMへ他
6/4〜6/10のトピック ウルトラマラソンシーズン 女性芸能人No.1の練習 他

マラソン経済研究所 2017年5月
5/28〜6/3のトピック 岩出選手ノーリツ退社  世界を走る川内優輝選手 他
5/14〜5/27のトピック 大阪・神戸・金沢・おかやま抽選大会の倍率、奥州でフルマラソン 他 
5/7〜5/13のトピック ART SPORTS自己破産 プラハマラソン川内選手6位 他
4/30〜5/6のトピック キプチョゲ選手フルマラソン2時間切り目前 他

マラソン経済研究所 2017年4月
4/23〜4/29のトピック ロンドンマラソン ぎふ清流ハーフ さいたま国際 他
4/16〜4/22のトピック ボストン大迫選手3位、代表選考新方針発表 等
4/9〜4/15のトピック パリマラソン夫婦で優勝 福士選手結婚 他
4/2〜4/8のトピック 柏原選手引退 ベンジャミン選手帰化検討 他

マラソン経済研究所 2017年3月
3/26〜4/1のトピック 東京五輪マラソン代表選考案 他
3/19〜3/25のトピック  川内選手久喜マラソン ニューヨークハーフ村山選手 他
3/12〜3/18のトピック 世界陸上代表決定 名古屋ウィメンズ 長崎市でフル開催 他
3/5〜3/11のトピック びわ湖毎日マラソン 日本学生ハーフマラソン 他
2/26〜3/4のトピック 新コースで東京マラソン キプサング3分台・井上選手8分台 他

マラソン経済研究所 2017年2月
2/19〜2/25のトピック 山中教授サブ3.5達成 大迫選手ボストンで初マラソン 他
2/12〜2/18のトピック 愛媛マラソン川内選手サブ10、最下位が優勝の珍事 他
2/5〜2/11のトピック 丸亀ハーフ 別大マラソン ハーフ女子世界新 他
1/29〜2/4のトピック  大阪国際女子マラソン 10km大会でランナー亡くなる 他

マラソン経済研究所 2017年1月
1/22〜1/28のトピック  横浜マラソン大会要項 那須川瑞穂選手引退 100km完走率他
1/15〜1/21のトピック 大雪の全国女子駅伝 所沢シティで不正失格 等
1/8〜1/14のトピック 川内優輝選手初戦、箱根駅伝青学の話題続く 他
1/1〜1/7のトピック 箱根駅伝青学3連覇 実業団は旭化成優勝 他

マラソン経済研究所 2016年12月
12/25〜12/31のトピック 掛川新茶マラソン開催へ 乗鞍天空マラソンがフルマラソン化 等 
12/18〜12/24のトピック 防府読売マラソン 大阪国際女子招待選手 等
12/4〜12/10のトピック 福岡国際マラソン、NAHAマラソン、新豊洲にランステ 等
11/27〜12/3のトピック 100km世界選手権日本人優勝 世界のマラソン大会サイト新設 他 

マラソン経済研究所 2016年11月
11/20〜11/26のトピック  神戸マラソン つくばマラソン 福知山マラソン 他  
11/13〜11/19のトピック 福岡・おかやま・いびがわ、財政難のさいたま国際マラソン他
11/6〜11/12のトピック ポルトマラソン NYシティマラソン 全日本大学駅伝 他
10/30〜11/5のトピック 大阪・水戸・富山マラソン 駅伝シーズン さいたま国際 他

マラソン経済研究所 2016年10月
10/23〜10/29のトピック 長井マラソン距離不足 アクアライン・金沢M 他
10/16〜10/22のトピック 85歳でサブ4、 最後の高島平ロード、鳥取地震で大会中止他
10/9〜10/15のトピック 出雲駅伝青学連覇  箱根駅伝予選会 シカゴマラソン 他
10/2〜10/8のトピック  第1回東北・みやぎ復興マラソン・松本マラソン 来年10/1開催 他 

マラソン経済研究所 2016年9月

9/25〜10/1のトピック  ベルリンマラソン、名古屋ウィメンズタキシード隊 他
9/18〜9/24のトピック   優勝商品はラクダ(モンゴル) パラリンピック道下選手銀 他  
9/11〜9/17のトピック  マラソン大会でスズメバチ トレイルコースで熊出没 等 
9/4〜9/10のトピック  リオパラリンピック開幕  松本薫選手金沢マラソンに 他 

マラソン経済研究所 2016年8月
8/28〜9/3のトピック 北海道マラソン 東京マラソン申込者数過去最高 他
8/21〜8/27のトピック リオ五輪男子マラソン 別大マラソン要項 青梅マラソン賞金 他
8/7〜8/20のトピック リオ五輪女子マラソン 女子10000mで世界新 日光で100km 他
7/31〜8/6のトピック リオ五輪開幕 塩尻選手追加招集 / 犬とマラソン 他 

マラソン経済研究所 2016年7月
7/24〜7/30のトピック ジョハナ・マイナ選手(富士通)死去 士別ハーフ 他  
7/17〜7/23のトピック 富士登山競走・五郎谷選手五合目大会新、リオ五輪壮行会 他
7/10〜7/16のトピック リオ五輪直前レース 大迫選手 福士選手 他
7/3〜7/9のトピック 野口みずきさん結婚 川内優輝選手サブ10 熊本城マラソン開催へ 他 

マラソン経済研究所 2016年6月
6/26〜7/2のトピック 函館マラソン 東京マラソン・福岡国際マラソン リオ五輪他
6/19〜6/25のトピック 日本選手権1万m大迫選手・鈴木選手初優勝 ゼッケン不正 等
6/12〜6/18のトピック エイドに海鮮丼(函館)、修学旅行でハーフマラソン 他
6/5〜6/11のトピック お伊勢マラソン野口みずき杯に 駿河台大・徳本一善監督 他 

マラソン経済研究所 2016年5月
5/29〜6/4のトピック 猫ひろしさんリオ五輪代表決定 室戸ー足摺242kmレース 他
5/22〜5/28のトピック 2017世界陸上選考要項 ウルトラマラソン 関東インカレ 等
5/15〜5/21のトピック  ぎふ清流ハーフ インドでも犬騒動 11/13フルマラソン 他
5/8〜5/14のトピック 仙台国際ハーフ今井選手 吉田香織選手世界一に 他
5/1〜5/7のトピック 鈴木亜由子選手派遣記録突破 川内村で川内優輝選手 他 

マラソン経済研究所 2016年4月
4/24〜4/30のトピック ロンドンマラソン とくしまマラソン チューリッヒマラソン 他
4/17〜4/23のトピック ボストン君原さん完走 東京マラソン参加料据え置き 地震 他
4/10〜4/16のトピック 野口みずき選手引退 さいたま国際制限6時間に 地震 等 
4/3〜4/9のトピック  ハセツネ30k失格問題 エルペ韓国帰化認めず パリマラソン 他

マラソン経済研究所 2016年3月
3/27〜4/2のトピック 東京マラソンコース変更 高島選手デンソー退社 他
3/20〜3/26のトピック 箱根からトライアスロンへ 千葉県民マラソン距離不足 他
3/13〜3/19のトピック 五輪マラソン代表決定 スーツで快走川内選手 名古屋 他
3/6〜3/12のトピック びわ湖毎日マラソン 藤原正和選手中大監督に 出岐選手引退 他
2/28〜3/5のトピック 横浜マラソン10月末に 愛媛銀行陸上部 マラソン代表選考 他

マラソン経済研究所 2016年2月
2/21〜2/27のトピック ベビーカーラン世界新 箱根5区短縮 名古屋福士選手 他
2/14〜2/20のトピック 高知龍馬マラソン救命 駅伝犬飛び出し 横浜マラソン10月に
2/7〜2/13のトピック 女子マラソン代表選考問題続く 別大マラソン 等
1/31〜2/6のトピック 女子マラソン福士選手リオ五輪確実に 前田選手名古屋欠場 他

マラソン経済研究所 2016年1月
1/24〜1/30のトピック 飛び出した犬がハーフ完走、降雪の沖縄、大阪国際 等
1/17〜1/23のトピック  全国女子駅伝愛知優勝 東京マラソン 米国留学 等
1/10〜1/16のトピック 松本でフルマラソン、いぶすき川内優輝選手優勝 等
1/3〜1/9のトピック 箱根駅伝 青山学院大学連覇・駅伝弊害論? 他
2015.12/27〜2016.1/2のトピック  箱根駅伝 ニューイヤー駅伝 富士山女子駅伝 等

マラソン経済研究所 2015年12月
12/20〜12/26のトピック 高校駅伝世羅男女優勝、防府読売藤原新選手優勝 等
12/13〜12/19のトピック クイーンズ駅伝 ホノルルマラソン 大迫選手他
12/6〜12/12のトピック 福岡国際マラソン、湘南国際マラソン ヤフーエントリーサイト参入等  
11/28〜12/5のトピック   福岡国際マラソン展望 箱根駅伝5区短縮へ 等

マラソン経済研究所 2015年11月
11/22〜11/28のトピック  男子1万m日本新、ガメラ大阪3連覇記録剥奪、つくば 等
11/15〜11/21のトピック  さいたま国際/金沢マラソン 成果と課題 等
11/8〜11/14のトピック  おかやまマラソン つくば 日光 さいたま国際ドーピング 他
11/1〜11/7のトピック  NY川内優輝選手6位 富山マラソン 東洋大学初優勝 等

マラソン経済研究所 2015年10月
10/25〜10/31のトピック 北陸新幹線沿線マラソン大会シリーズ開幕 等
10/18〜10/24のトピック  2016年10/23 アクアライン 10/30水戸黄門漫遊マラソン 決まる 他
10/11〜10/17のトピック  シカゴマラソン福士選手、出雲駅伝、箱根駅伝予選会、川内選手等
10/4〜10/10のトピック KLマラソン煙害で中止 世界最高峰エベレストマラソン開催 等
9/27〜10/3のトピック  ベルリンマラソン(佐藤選手) 有力大学4年生の進路 他

マラソン経済研究所 2015年9月
9/20〜9/26のトピック  柏原選手初マラソン(シドニー) 川内選手(ケープタウン) 他
9/13〜9/19のトピック  東京マラソン当選発表 柏原選手シドニーマラソンへ 等
9/6〜9/12のトピック  高尾山口駅に日帰り温泉 ベルリンの壁一周マラソン 他
8/30〜9/5のトピック  世界陸上 北海道マラソン 東京マラソン 他

マラソン経済研究所 2015年8月
8/23〜8/29のトピック  世界陸上マラソン・長距離、北海道マラソン 等
8/9〜8/22のトピック 世界陸上男子マラソン、100マイルベルリン等
8/2〜8/8のトピック 世界陸上代表決定、十八駅伝、東京五輪マラソン 等
7/26〜8/1のトピック 釧路湿原マラソン川内選手トップ、士別ハーフ、高校総体等

マラソン経済研究所 2015年7月
7/19〜7/25のトピック 大迫傑選手5000m日本新、トライアスロン水泳事故多発 等
7/12〜7/18のトピック 新国立競技場問題、金沢マラソン、ユニバメダル独占等
7/5〜7/11のトピック  ゴールドコーストマラソン、横浜マラソン、名古屋ウィメンズ等
6/27〜7/4のトピック  サロマ湖100km、世界陸上、東京マラソン 等

マラソン経済研究所 2015年6月
6/21〜6/27のトピック  東京マラソン準エリート枠、つくばマラソン時差スタート、陸上日本選手権等
6/14〜6/20のトピック  白樺高原で川内兄弟リレー実現、 理想的なフォーム 等
6/7〜6/13のトピック  東大から箱根へ、つくばマラソン、京都マラソン 等
5/31〜6/6のトピック  92歳女性フルマラソン完走、新国立競技場問題 等

マラソン経済研究所 2015年5月
5/17〜5/30のトピック  川内優輝選手フル20回目の優勝 リオ五輪選考方針 等
5/10〜5/16のトピック  仙台国際ハーフ 湘南国際マラソン 旭化成3組双子 等
5/3〜5/9のトピック  川内選手3日連続ハーフマラソンで3連勝、渡邉裕子選手世界一 等
4/25〜5/2のトピック  金沢マラソン ロンドンマラソン 森ノ宮エアトラック 等

マラソン経済研究所 2015年4月
4/19〜4/25のトピック  長野マラソン ボストンマラソン 等
4/12〜4/18のトピック  さいたま国際マラソン ニトリ女子陸上部創部 等  
4/5〜4/11のトピック   横浜マラソン距離不足の反応、大迫傑選手個人HP開設 等
3/29〜4/4のトピック  神戸マラソン年代別チャレンジ枠 大阪マラソンアスリート枠 等
マラソン経済研究所 2015年3月
3/22〜3/28のトピック  板橋City 花粉症対策マスク ウィメンズラン 神戸マラソン 等
3/15〜3/21のトピック  横浜マラソン初開催 開聞岳一周マラソン中止騒動 等
3/8〜3/14のトピック  名古屋ウィメンズマラソン 世界陸上代表選考問題 等
3/1〜3/7のトピック 名古屋ウィメンズマラソン、横浜マラソン、指導者の人事 等

マラソン経済研究所 2015年2月
2/22〜2/28のトピック 東京マラソン、大迫選手、米国拠点に専念 等
2/15〜2/21のトピック 東京マラソン関連情報等
2/8〜2/14のトピック  大阪マラソンの市民アスリート枠新設 等
2/1〜2/7のトピック  別大マラソン 京都マラソン古着を途上国に

0 件のコメント:

ライザップ イングリッシュ

ライザップイングリッシュ

Books

マラソンの記録

【フルマラソン】

◆男子世界記録 2時間02分57秒 デニス・キメット (ケニア) 2014年9月 ベルリンマラソン (2分55秒/km)

◆男子日本記録 2時間06分16秒 高岡 寿成 2002年10月 シカゴマラソン (3分00秒/km)

◆女子世界記録 2時間15分25秒 ポーラ・ラドクリフ (英国) 2003年4月 ロンドンマラソン (3分13秒/km)

◆女子日本記録 2時間19分12秒 野口 みずき 2005年9月 ベルリンマラソン (3分18秒/km)

◆自己記録  3時間37分32秒 2013年12月 青島太平洋マラソン(5分09秒/km)


【100km】

◆男子世界記録 6時間13分33秒 砂田 貴裕 (日本)  1998年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分44秒/km)

◆女子世界記録 6時間33分11秒 安部 友恵 (日本) 2000年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分56秒/km)

◆自己記録 12時間13分41秒  2009年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン(7分20秒/km)

【ハーフマラソン】
◆男子世界記録
 58分23秒 ゼルセナイ・タデセ(エリトリア) 2010年3月(ポルトガル・リスボン)(2分46秒/km)
◆男子日本記録 1時間00分17秒 設楽 悠太 2017年9月(チェコ・ウースチー・ナド・ラベム)(2分51秒/km)
◆女子世界記録 1時間05分06秒ペレス・ジェプチルチル (ケニア)2017年2月(RAKハーフマラソン・UAE) (3分05秒/km)
◆女子日本記録 1時間07分26秒 福士 加代子 2006年2月 香川丸亀国際ハーフマラソン) (3分12秒/km)
◆自己記録  1時間37分12秒 2013年11月 江東シーサイドマラソン(4分36秒/km)