2010年4月5日月曜日

第10回赤坂チャレンジマラソン




土日は連戦でした。

土曜日は、赤坂チャレンジマラソンでした。
TBSのオールスター感謝祭の放送前に行われる大会で、1年半ぶりの参加です。

カメラリハーサルも兼ねているので、大画面ではレースの映像が実況つきで流されます。

レースは1.3キロのコースを1周する、ちびっ子ラン、健康ラン、仮装ラン
3周するチャレンジラン、3人で1周ずつリレーする駅伝の5種目です。

私はチャレンジランに参加しました。
カメラに映されるためには、目立たなければいけないので、オバマで走りました。

しかし、久しぶりにお面をかぶって走ったら、呼吸がしづらく、狭いコースで視界も狭いので、苦労しましたが、沿道から声援が多く気持ちよかったです。

心臓破りの坂では、カメラも追いかけてきていたので、きつかったですが、一生懸命走りました。
途中、1分遅れでスタートしたゲストランナーのワイナイナ選手に抜かされた時には、「頑張って」と声をかけてもらいました。

3周目にはヘトヘトになりましたが、ラストの直線は、思いっきりスパートしてゴールしました。

とりあえず結構目立って、ワイナイナ選手の次に応援を受けられたので、楽しかったです。
次回も、新たなネタで挑戦したいと思います。

0 件のコメント:

ライザップ イングリッシュ

ライザップイングリッシュ

マラソンの記録

【フルマラソン】

◆男子世界記録 2時間02分57秒 デニス・キメット (ケニア) 2014年9月 ベルリンマラソン (2分55秒/km)

◆男子日本記録 2時間06分16秒 高岡 寿成 2002年10月 シカゴマラソン (3分00秒/km)

◆女子世界記録 2時間15分25秒 ポーラ・ラドクリフ (英国) 2003年4月 ロンドンマラソン (3分13秒/km)

◆女子日本記録 2時間19分12秒 野口 みずき 2005年9月 ベルリンマラソン (3分18秒/km)

◆自己記録  3時間37分32秒 2013年12月 青島太平洋マラソン(5分09秒/km)


【100km】

◆男子世界記録 6時間13分33秒 砂田 貴裕 (日本)  1998年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分44秒/km)

◆女子世界記録 6時間33分11秒 安部 友恵 (日本) 2000年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分56秒/km)

◆自己記録 12時間13分41秒  2009年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン(7分20秒/km)

【ハーフマラソン】
◆男子世界記録
 58分23秒 ゼルセナイ・タデセ(エリトリア) 2010年3月(ポルトガル・リスボン)(2分46秒/km)
◆男子日本記録 1時間00分17秒 設楽 悠太 2017年9月(チェコ・ウースチー・ナド・ラベム)(2分51秒/km)
◆女子世界記録 1時間05分06秒ペレス・ジェプチルチル (ケニア)2017年2月(RAKハーフマラソン・UAE) (3分05秒/km)
◆女子日本記録 1時間07分26秒 福士 加代子 2006年2月 香川丸亀国際ハーフマラソン) (3分12秒/km)
◆自己記録  1時間37分12秒 2013年11月 江東シーサイドマラソン(4分36秒/km)