2018年2月25日日曜日

2018さかえリバーサイドマラソン

2018年2月4日(日)さかえリバーサイドマラソン(ハーフ・千葉)

成田空港に行くことはあっても、なかなか利用する機会がないJR成田線を使って
千葉県栄町で行われたさかえリバーサイドマラソンに参加してきました。

朝、7時半頃家を出て、山手線、常磐線と乗り継いで我孫子駅へ


我孫子駅からの成田線は、30分に1本の単線とローカルな雰囲気が漂います。

我孫子から約30分、安食(あじき)駅に到着しました。

駅からは、跨線橋を渡り、北口へ


そこから15分ほど、自転車道を歩くと、大会会場のふれあいプラザさかえに午前9時半頃、到着しました。



リバーサイドマラソンという名称なので、川沿いで質素な雰囲気の大会かと勝手に想像していましたが、多くの人が集まり、出店も多く、そして、柏原竜二さんがゲストと豪華でびっくりしました。







文化ホールの中で、受付を済ますと、参加賞のTシャツの他に出店の300円のチケットも頂けました。



そのチケットを利用して、レース前に腹ごしらえをしました。



準備は、建物が広く、場所も確保しやすく、寒さを感じずにできました。




出場するハーフマラソンは、10時半と一番遅く、その前に親子ランや小学生の部と続々とスタートして、それを見届けながら、手荷物を預けて、スタート地点に向かいました。






午前10時10分スタートの5kmの部のトップ選手が戻ってくる中、ハーフマラソンが整列しなければいけないので、少し混乱が生じていましたが、


無事に午前10時30分にハーフマラソンの部がスタートしました。


1月の赤羽ハーフマラソンは失敗しており、今回はしっかり最後までペースを落とさずに1時間50分ほどを目標に走ることにしました。



最初の2kmは、栄町の中心部、役場・商店街など、賑わいのある場所を通ります。
(勝手に)ずっと川沿いを走るものと思っていたので、少し得した気分です。


その後も、川沿いではなく、山の方に向かい上り基調の道を進みます。



途中、靴の紐が解けてしまい、立ち止まって、結び直したりすることがありながら、5km地点を通過しました。26分2秒、まずまずのタイムです。


この辺りから、5分先にスタートした10kmの部のランナーを徐々に追い抜いていきます。



5kmを過ぎると、千葉県立房総のむらに入りました。本来であれば、武家屋敷のある房総のむらの中もコースになっていたのですが、1月の雪の影響でコースコンディションが悪いようで、外周のみのコースに変更担っていました。


森の中、下り坂で、気持ちよく走っていたのですが、携帯を落としてしまい、また立ち止まってしまい、中々リズム良く走れません。





コースは再び、スタート地点付近に戻って、田園風景が広がってきました。



10kmまでの5kmは、26分8秒。まずまずのペースを維持しています。


ここからは、田園地帯で、風の影響を大きく受ける場所になってきました。
幸い、それほど風は強くなく、また横風の時間帯が長く、それほどペースを乱すことなく走れています。


長い直線道路が終わり、コースは工業団地のアップダウンに入りました。


15kmまでの5kmは、26分26秒。落ち込みは少なく、頑張れています。


リバーサイドマラソンなのに、まだ川が見えませんでしたが、
ようやく、利根川沿いの道に入りましたが、水面は見えません。



そして、ようやく水面が見えたと思ったら、すぐに、川沿いを離れました。
リバーサイドマラソンという名称でしたが、水面が見えたのは、30秒ほどでした。(笑)


レースは残り5km、徐々に足は重くなってきました。
復路は風も少し気になりはじめ、前のランナーを風除けに使いながら、ペースを落とさないように気をつけます。


ここ数回、ハーフマラソンは失敗していましたが、今回は、ペースが多少落ちましたが、大失速は避けられました。



20kmまでの5kmは、27分21秒で耐えて、ラストを走ります。


コースが多少変更したこともあり、若干、コースは短めな気がしますが、1時間49分18秒でフィニッシュしました。


タイムはまだまだですが、ようやく気持ちよくハーフマラソンを走れた気がします。








帰りの電車も30分に1本なので、その時間に合わせて、慌てて着替えて、早めに会場を後にしました。






そして、我孫子駅に戻りました。

我孫子駅は弥生軒という駅そばが有名で、唐揚げそばが名物で、初めて頂きました。



このボリュームで400円、お腹いっぱいになりました。



LAP TIME
  0-  5km 26:02 (5:12.5/km)
  5-10km 26:08 (5:13.6/km)
10-15km 26:26 (5:17.2/km)
15-20km 27:21 (5:28.2/km)
ネットタイム 1:49:18 (5:10.8/km)
グロスタイム 1:49:40

参加賞:Tシャツ、出店300円金券、ドリンク

ライザップ イングリッシュ

ライザップイングリッシュ

マラソンの記録

【フルマラソン】

◆男子世界記録 2時間02分57秒 デニス・キメット (ケニア) 2014年9月 ベルリンマラソン (2分55秒/km)

◆男子日本記録 2時間06分16秒 高岡 寿成 2002年10月 シカゴマラソン (3分00秒/km)

◆女子世界記録 2時間15分25秒 ポーラ・ラドクリフ (英国) 2003年4月 ロンドンマラソン (3分13秒/km)

◆女子日本記録 2時間19分12秒 野口 みずき 2005年9月 ベルリンマラソン (3分18秒/km)

◆自己記録  3時間37分32秒 2013年12月 青島太平洋マラソン(5分09秒/km)


【100km】

◆男子世界記録 6時間13分33秒 砂田 貴裕 (日本)  1998年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分44秒/km)

◆女子世界記録 6時間33分11秒 安部 友恵 (日本) 2000年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分56秒/km)

◆自己記録 12時間13分41秒  2009年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン(7分20秒/km)

【ハーフマラソン】
◆男子世界記録
 58分23秒 ゼルセナイ・タデセ(エリトリア) 2010年3月(ポルトガル・リスボン)(2分46秒/km)
◆男子日本記録 1時間00分17秒 設楽 悠太 2017年9月(チェコ・ウースチー・ナド・ラベム)(2分51秒/km)
◆女子世界記録 1時間04分51秒 ジョイシリネ・ジェプコスゲイ (ケニア)2017年10月(バレンシアハーフマラソン・スペイン) (3分04秒/km)
◆女子日本記録 1時間07分26秒 福士 加代子 2006年2月 香川丸亀国際ハーフマラソン) (3分12秒/km)
◆自己記録  1時間37分12秒 2013年11月 江東シーサイドマラソン(4分36秒/km)