2017年8月1日火曜日

2018東京マラソン 手荷物預けなしランナー制度の狙いと参加者のメリット

東京マラソンの一般エントリーが開始されました。

今回から新たにエントリー時に手荷物預けありかなしを選択するようになりました。


東京マラソン2018 8月1日から一般エントリー開始! 手荷物預けなしランナーを試行的に募集します! |  東京マラソン2018 http://bit.ly/2tYUIfY


(主催者側の観点)
手荷物預けなしランナー制度が導入された訳
参加定員増加と返却場所の集約か?
  
2017年の大会から、コースが変更され、フィニッシュ地点が東京駅前となりました。
帰りの利便性が高くなる一方で、手荷物の返却場所は、日比谷公園などフィニッシュ地点から約1km離れた場所になり、室内から屋外になりました。


大手町の手荷物返却場所

日比谷公園だけではスペースが足りず、返却場所は、大手町(準エリート等)、丸の内(チャリティ枠)と3箇所に分散されています。

実際、手荷物返却・更衣室のスペースの問題から、今年2017年の東京マラソンは、昨年の大会より定員が1000人減っています。

手荷物預けなしランナーが増えれば、
今後、参加定員を増やすことも可能になりますし、返却場所の集約ができます。

そのような狙いがあり、今回の制度が始まったと思います。


(参加者側の観点)
手荷物預けなしランナーのメリットは
  
手荷物預けなしランナーの場合は、フィニッシュ後、ポンチョをもらえますがそれ以外メリットはあるでしょうか。 

まず、スタート前のセキュリティチェックは、手荷物検査がない分、待ち時間なくスムーズに通過できます。


混雑する手荷物預けのトラックも並ばずに通過できます。



飲み物、食べ物は、スタート会場で十分に調達できます。
(ペットボトルの持ち込むも制限されています。)


フィニッシュ後、昨年は東京メトロの1日無料乗車券が参加賞についていましたので、1km歩かずに、すぐに地下鉄・JRの駅に乗って帰ることができます。

悪天候の場合、地下にすぐに入ることができ、手荷物は、ないので濡れません。


手荷物預けなしで走る方法

スタートまでの寒さを凌ぐ対策ができれば、手荷物預けなしでも対応できると思います。

新宿駅でコインロッカーに荷物を預け、フィニッシュ後、地下鉄(ランナーは東京メトロ無料乗車券あり)で新宿に戻る 
又は、

都内(例えば東京駅近く)のランステに荷物を預けて、地下鉄(ランナーは東京メトロ無料乗車券あり)に乗って新宿へ、フィニッシュ後、ランステでシャワーを浴びて帰る。


といったことで対応できそうです。



手荷物預けありか なしかで当選確率が変わる?

手荷物預けのトラックは、1台で1200人分の荷物を運搬します。
トラックの台数が減れば、返却スペースも減りますので、手荷物預けなしランナーもトラック単位で定員を考えていると思います。

例えば、手荷物預けなしランナーは、全体の1割と想定した場合、トラック3台分、3600人となります。(実際の定員は分かりません。)

したがって、今回の東京マラソンでは、手荷物預けあり と 手荷物預けなし で 当選倍率が変わってくると考えた方がいいと思います。
(想定よりも、手荷物預けなしランナーの応募が少なければ、当選確率が上がりますし、多ければ、下がります。)

レンタカー

2017東京マラソン完走記
(レース編1) http://bit.ly/2lIeROn
(レース編2) http://bit.ly/2lI2WQK

0 件のコメント:

ライザップ イングリッシュ

ライザップイングリッシュ

マラソンの記録

【フルマラソン】

◆男子世界記録 2時間02分57秒 デニス・キメット (ケニア) 2014年9月 ベルリンマラソン (2分55秒/km)

◆男子日本記録 2時間06分16秒 高岡 寿成 2002年10月 シカゴマラソン (3分00秒/km)

◆女子世界記録 2時間15分25秒 ポーラ・ラドクリフ (英国) 2003年4月 ロンドンマラソン (3分13秒/km)

◆女子日本記録 2時間19分12秒 野口 みずき 2005年9月 ベルリンマラソン (3分18秒/km)

◆自己記録  3時間37分32秒 2013年12月 青島太平洋マラソン(5分09秒/km)


【100km】

◆男子世界記録 6時間13分33秒 砂田 貴裕 (日本)  1998年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分44秒/km)

◆女子世界記録 6時間33分11秒 安部 友恵 (日本) 2000年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分56秒/km)

◆自己記録 12時間13分41秒  2009年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン(7分20秒/km)

【ハーフマラソン】
◆男子世界記録
 58分23秒 ゼルセナイ・タデセ(エリトリア) 2010年3月(ポルトガル・リスボン)(2分46秒/km)
◆男子日本記録 1時間00分17秒 設楽 悠太 2017年9月(チェコ・ウースチー・ナド・ラベム)(2分51秒/km)
◆女子世界記録 1時間05分06秒ペレス・ジェプチルチル (ケニア)2017年2月(RAKハーフマラソン・UAE) (3分05秒/km)
◆女子日本記録 1時間07分26秒 福士 加代子 2006年2月 香川丸亀国際ハーフマラソン) (3分12秒/km)
◆自己記録  1時間37分12秒 2013年11月 江東シーサイドマラソン(4分36秒/km)