2011年10月28日金曜日

2011出水ツルマラソン(その2:当日編)

つづきです。

10月23日(日)

今週も、先週と同じぐらい晴れて朝から暑い陽気になりました。


大浴場で朝風呂に入り、朝食バイキングを食べて、7時45分頃ホテルを出ました。
(鹿児島県内で食事をすると、さつま揚げ、黒豚、鶏肉、さつまいも、焼酎(ビン)茶色系統のものが多いなと、ふと感じました。)

会場までは歩いて15分、アクセスのよい場所にあります。偶然、道中、前夜祭で参加された方と一緒になりました。
エントリー数は2000人弱で、混雑もなく快適に準備ができました。トイレも待ち時間ゼロでした。


今回はレース前までの一週間多忙で、睡眠不足ということもあり、体調が万全でなく、天気も25度を超える予想で、おまけに前日焼酎を結構飲んだので、とても記録を狙う状況ではなかったので、ゆっくり走ることにしました。

午前9時、800人強のランナーで、フルマラソンの部がスタートしました。最初は、競技場周辺を5キロ周回して、スタート付近に一旦戻るほぼフラットなコースで、沿道から声援も多かったのですが、やはり今日は足が重くて、5キロ地点は27分18秒で通過、ここ数年では一番遅い入りで、厳しいレースになりそうな雰囲気を感じました。



その後コースは、中心市街地に入り、日差しを遮る建物が増えたのですが、ペースは上がらず10キロ地点は27分46秒で通過しました。

多くはないですが、仮装のランナーもちらほら走っていて、バットマンの格好したランナーに「悪魔がんばれ」と応援していたお婆さんは印象的でした。

10キロから15キロは、このコース最大の難関で、50m~100mの坂を2,3回上ったり、下ったりを繰り返します。とりあえず、上り坂は頑張って、下り坂は休む作戦で、ちょっとペースを盛り返して、15キロは27分45秒で通過しました。


ここは2.5キロ毎に、給水、給食があって、果物、パン、お菓子の他に、さつまいもまで出ます。この暑さなので、ともかく給水には気をつけて多めに取ることにしました。

15キロ過ぎからは、下り坂が多かったのですが、暑さで体力がかなり奪われつつあったので、少し抑えて走りました。沿道からは、「ハイサイおじさん」の音楽が流れ、「沖縄か」と心の中で突っ込みを入れつつ、音楽にのりながら、20キロは27分49秒で通過しました。その後、砂利道を走ると、中間地点を1時間57分強で通過しました。4時間を切るには、ちょっと厳しい状況です。

砂利道を過ぎると、ツルの飛来地になるのですが、昨年の2月開催から、鳥インフルエンザの影響を受けにくい10月開催に今年から変更になったため、現在150羽程度飛来しているようですが、見ることはできませんでした。


25キロは28分27秒で通過、かなり暑くなってきました。海が見えてきて、きれいな景色になってきましたが、いっぱいいっぱいになってきました。


折り返して残り15キロ、汗だらだらになって、何とか踏ん張っている状態です。30キロ地点は、29分22秒で通過、ペースの下げ幅が大きくなってきました。

それでも32キロ地点を約3時間で通過、10キロのレースを1時間以内で走るつもりで、そこから頑張ろうと気力を振り絞りました。徐々にペースを上げて、いい感じになってきました。

再び走りづらい砂利道を過ぎて、35キロ地点は28分40秒で通過、ペースアップに成功し、サブ4が見えてきました。

しかし、このあたりから、一生懸命に走っているのですが、後ろから再び抜かれはじめて、なかなかペースが上がらなくなりました。おかしいなと思っていたら、徐々に空腹状態になりました。そして、こんなに暑いのに寒気を感じはじめ、完全にエネルギー切れを起こしてしまいました。

水分に気をとられて、栄養補給が不十分だったようです。幸いすぐにエイドがあり、茹でたサツマイモとバナナを一気に食べて、多少回復して、ゆっくりですが走れるようになりました。

40キロ地点は33分16秒で通過、サブ4まで10分を切って、絶望的になりました。あとは走り続けてゴールを目指すことにしました。

競技場が近づいて、沿道の声援が増えてきました。マラソンゲートをくぐって、ラスト100m、背後からスパートして迫ってくる足音が聞こえてきました。トラック練習しているせいか、咄嗟に反応して全速力でスパートしました。場内アナウンスでも実況され、スタンドも盛り上がり、4時間は過ぎていましたがついつい頑張って、抜かされずにゴールしました。

4時間4分40秒、万全な状態でなくてもサブ4できたらよかったのですが、最初の5キロを考えたら、まあまあ踏ん張れました。

着替えて、空くじなし抽選で、出水市の特産品を頂き、さらに、うどんとおにぎりのサービスがあり、美味しく頂きました。そこで、前夜祭で同じテーブルにいた方と再会、デットヒートを展開した方でした。









その後、無料温泉券で、市内の温泉に入って汗を流し、市内にある日本一のお地蔵さんを拝観して、出水市内をあとにし、鹿児島空港で、豚とじ丼を食べて、東京に戻りました。



 

おもてなしをたくさん受けて満足の遠征でした。

ラップタイム
 0-  5 km 27:18
 5- 10km 27:46
10-15km 27:45
15-20km 27:49
20-25km 28:27
25-30km 29:22
30-35km 28:40
35-40km 33:16
40-Goal   14:17

ゴール 4時間4分40秒

参加賞:Tシャツ、タオル、アクエリアス、茶パック、佃煮、みかん
遠来賞:炭火鶏肉、鶏釜めしの素

2011年10月26日水曜日

2011出水ツルマラソン(その1:前日編)


 今年3月九州新幹線が全線開通したので、新幹線乗車を兼ねてエントリーしたのが、鹿児島の出水ツルマラソンです。

ところが、幸か不幸か、出張で九州を訪れることが増え、大会の前の9月に九州新幹線に乗ってしまいました。
さらにこの1週間は、水曜日に福岡入り博多から新幹線で新水俣へ、木曜日鹿児島空港から東京に戻って、一日置いて、土曜日に福岡入り博多から新幹線で出水へ、日曜日鹿児島空港から東京に戻るというなんとも慌ただしいスケジュールになってしまいました。

10月22日(土)
午前11時前に、羽田空港に到着、第2ターミナルでは、ANA ボーイング787導入を記念にした展示や客室乗務員のバンドによるコンサートが開かれていました。


予定の便には、九州場所を前に力士数十人が搭乗、隣の席になったら身動きとれるのかなとか余計なことを考えつつ、福岡空港に到着、地下鉄で博多に移動して、新しくなった駅ビルの中で、博多焼ラーメンをさっと食べて、九州新幹線に乗車しました。

車内はグリーン席のように豪華なつくりとなっていて寛いでいるうちに、1時間ちょっとであっという間に出水駅に到着しました。

出水駅は、新しい新幹線の駅舎、古いおれんじ鉄道の駅舎、何とも対照的です。駅前もちょっと寂しげな雰囲気でした。


駅近くの日帰り温泉併設のホテルにチェックインして、受付会場の陸上競技場に向かいました。受付をすると遠来賞ということで、出水市の特産品(鶏肉関連)を頂きました。(九州以外からの参加者は意外と少ないようです。)




その後、街中を歩き、市内武家屋敷群を散策しつつ、前夜祭会場の出水公会堂に向かいました。とても、趣のある建物です。前夜祭は、司会のおばちゃんの名調子で、和太鼓の演奏もあり、面白く、料理も、黒豚、鶏、さつまあげ、鹿児島名物料理に、テーブルにはさつま焼酎が並び、酔っ払いつつ、一緒のテーブルの人達との会話も弾みました。






抽選会では、たくさんの商品が当たり、結局、参加者全員に当たり、二順目で何人か当たるという大盤振る舞いで、私も、先週萬古焼のタンブラーが参加賞だったので、焼酎が当たったら最高でしたが、さすがにそこまでうまくいかず、それでもみかんとお茶のセットが当たりました。

ほろ酔い気分で、ホテルに戻って、就寝しました。

つづく

2011年10月22日土曜日

第88回(2012)箱根駅伝予選会 最終成績と予想との比較


今年の箱根駅伝予選会は、国士舘大学、順天堂大学が復活、日本大学、専修大学が出場権を失いました。

今回は雨で比較的昨年よりは走りやすいコンディションとなり、予想タイムより全般的に速いタイムでした。

上武大学、神奈川大学、中央学院大学などは、予想よりも速いタイムで、予選会の走りがうまいことが伺えます。一方、日本大学は上位4人とその他の選手の差が大きすぎて、まさかの予選落ちという結果になりました。

2011年10月15日(土)開催
第88回箱根駅伝 予選会 最終成績


1位 上武大学        10:12:08  (予想7位 10:18:12)  (4年連続4回目)
2位 山梨学院大学 10:12:43 (予想4位 10:18:17) (26年連続26回目)
3位 国士舘大学    10:13:38 (予想2位 10:15:20) (3年ぶり43回目)
4位 東京農業大学 10:13:58 (予想1位 10:15:02) (5年連続67回目)
5位 神奈川大学    10:14:03 (予想13位 10:23:42)(2年連続37回目)
6位 帝京大学      10:14:18 (予想5位 10:19:32) (5年連続13回目)

===== 以下は関東インカレポイントの減算を加味したタイム =====

7位 城西大学   10:13:55 (予想3位 10:16:26) (9年連続9回目)
8位 中央学院大学 10:15:22 (予想11位 10:21:52) (10年連続13回目)
9位 順天堂大学  10:16:14 (予想9位 10:20:33) (3年ぶり53回目)

以上通過 (予想9校中7校通過)
===============================================

10位 法政大学   10:16:43 (予想10位 10:21:36 ー4:53)
11位 日本大学   10:16:58 (予想6位  10:20:02 ー3:04)
12位 専修大学   10:18:07 (予想12位 10:22:51 ー4:44)
13位 亜細亜大学  10:20:12 (予想14位 10:26:16 ー6:04)
14位 大東文化大学 10:21:34 (予想8位 10:20:29 +1:05)

15位 流通経済大学 10:28:17 (予想15位 10:30:51 ー2:34)
16位 創価大学   10:29:44 (予想16位 10:31:39 ー1:55)
17位 松蔭大学   10:30:29 (予想19位 10:41:40 ー11:11)
18位 麗澤大学   10:32:24 (予想17位 10:35:34 ー3:10)
19位 平成国際大学 10:34:14 (予想18位 10:40:05 ー5:51)
20位 関東学院大学 10:44:50 (予想 21位 10:44:58 ー0:08)

21位 武蔵野学院大学 10:49:33 (予想20位 10:44:43 +4:50)
22位 東京経済大学  10:50:01 (予想 23位 11:01:06 ー11:05)
23位 慶應義塾大学  10:59:47 (予想25位 11:07:47 ー8:00)
24位 東京学芸大学  11:01:59 (予想22位 10:57:19 +4:40)
25位 東京大学    11:07:04 (予想26位 11:15:10 ー8:06)
26位 筑波大学    11:10:03 (予想27位 11:17:14 ー7:11)
27位 駿河台大学   11:10:37 (予想24位 11:04:41 +5:56)
28位 国際武道大学  11:13:35 (予想28位 11:20:42 ー7:07)
29位 立教大学    11:18:15 (予想29位 11:27:06 ー8:51)
30位 学習院大学   11:26:31 (予想 30位 11:27:51 ー1:20)

31位 横浜国立大学  11:39:36 (予想33位 11:43:15 ー3:39)
32位 千葉大学    11:41:08 (予想36位 11:45:49 ー4:41)
33位 東京理科大学  11:41:08 (予想38位 11:49:34 ー8:26)
34位 明治学院大学  11:42:56 (予想11:44:16 ー1:20) 35
35位 首都大学東京  11:43:57 (予想 32位 11:39:31 +4:26)
36位 防衛大学校   11:49:27 (予想34位 11:43:18 +6:09)
37位 高崎経済大学  11:56:44 (予想40位 12:00:24 ー3:40)
38位 山梨大学    12:05:30 (予想39位 11:56:00 +9:30)
39位 文教大学    12:27:41 (予想37位 11:47:58 +39:43)
失 格 筑波大学大学院      (予想31位 11:34:51 )

2011年10月19日水曜日

2011鈴鹿山麓かもしかハーフマラソン

2011年10月16日(日)

10月の第3週は、出場したいマラソン大会が多く、いつも何に出るか悩むのですが、今回は三重県菰野町での鈴鹿山麓かもしかハーフマラソンに出場しました。

秋は遠征が続くので、今回は日帰りでの強行日程、朝4時に起きて、雨が降り続く中、電車を乗り継いで、品川6時発の新幹線に乗って名古屋を目指しました。朝眠いのですが、N700系のぞみは、無線LANが使えるので、ついついノートパソコンに夢中になってしまいました。

7時半に名古屋駅に到着、このころには、天気は急激に回復して、良すぎるほどの天気になっていました。近鉄名古屋駅から四日市駅へ、そして、湯の山線に乗り換えて、中菰野駅に8時53分に到着、そこから歩いて、会場の町役場には9時10分に到着、スタートの10時に間にあいました。

穏やかというより日差しが強く季節外れの暑い天気、自然豊かで穏やかな景色、その中、多くのランナーが集結して賑わっています。三重県なので、名古屋弁とも、関西弁とも違う、その間の独特の言葉での会話が交わされております。

準備をして荷物を預けてスタート地点へ、この大会は5分間隔で地元のランニングクラブの方などがペースメーカーを務めるらしく、スタート前に紹介されていました。

スタート地点からは、鈴鹿山麓の山々が美しく見える中、午前10時、ゲストの元バトミントンの小椋さんのピストルでスタートしました。

カラッとしていますが、二週間前の別海町とは20度以上の気温差があり、アップダウンもあり、お腹の調子も若干悪かったので、今日は無理をしないペースで走ることにしました。


最初は緩やかな上り、木陰の中だったので、思ったより暑さを感じずに走ることができました。5㎞地点は24分27秒で通過、やはりそれほど調子は良くないので、5㎞以降は多少抑えて走ることにしました。地元の菰野町長の背中が見えていたのですが、どんどん離れていってしまいました。


ここまでは、緩やかなアップダウンが続いていましたが、9キロ過ぎからは、約2キロ続く上り坂が始まりました。季節外れの暑さの中の上り坂はさすがに厳しかったですが、最近は上り坂を走ることに慣れ、自然と順位は上がっていきました。10キロ地点のラップは、25分49秒で通過、1時間50分切りが目標ラインとなりそうです。

11キロ地点ようやく上り坂を終えて、今度は長い下り坂が続きます。一気に駆け下りたいところでしたが、残り10キロこのペースではきつくなってきて、徐々にペースダウンして、上り坂で抜いた数だけ、下り坂でどんどん抜かされて行きました。下りも終わり平地となったところで、15キロ地点は、27分7秒で通過、下り坂が多かったのにかなりペースが落ちてしまいました。


しかし、意識的に落とした分、まだ多少余裕が残っていました。ただ、なかなかペースアップできずにだらだら16キロを過ぎたあたりで、1時間50分のペースメーカーの方に抜かされてしまいました。このまま、置いていかれたら、50分を切れないと思い、ここは、しっかり後ろからついていくことにしました。

暑さもあり結構きつかったですが、後ろにつくことで、ペースも回復してきました。ラスト5キロも、上り坂が何度も訪れ、辛くなりましたが、沿道の声援、ゴルフ場からのゴルファーの声援を受け、何とか耐えられました。ラスト2キロになって、ペースメーカーより前に出て、最後の下りをスパートしました。


20キロ地点は、25分51秒で通過、ペースが上がりました。最後は下り坂の助けもあって、再びキロ5分を切るペースでゴールしました。1時間48分33秒、暑いレースでは、後半結構ボロボロになるのですが、悪いなりに最後はしっかり走ることができました。
(町長には、1分差で負けてしまいました。)


レース後は、地元の菰野うどん (こしがあって、濃いめの味付けでした。)を食べながら、表彰式を見ていたら、入賞者に着物美女が、(萬古焼)のメダルをかけてくれるので、皆さんニコニコしていたのが印象的でした。


その後、会場内横にある温泉(露天風呂)が無料ということで、入りにいきました。水着着用の混浴形式で、水陸両用のウェアの方が多かったので、入浴する前に、十分にかけ湯やシャワーをしてから入りました。
開放的で気持ちよかったです。 (普段も無料の温泉で、地元のランナーは利用されているそうです。)








会場は芝生が多く、出店で食べ物を買ってきてあちらこちらで宴会も始まっていました。
和やかな雰囲気のよい大会でした。


その後、中菰野駅から二駅、終着の湯の山温泉駅に向かい、そこからバスと徒歩で、御在所ロープウェイ乗り場に行きました。


正規料金往復2100円のところ、参加者割引で1200円に、値段は他よりも高めですが、その高さが納得するほどの距離、高さ、景色でした。

地上から相当高いところを通過するので、怖さもありますが、名古屋方面の景色や、紅葉の始まった山の景色など、素晴らしかったです。山頂に着いてからも、ここは、色々あり、冬はスキー場になるようですが、夏はハイキング用のコースがいくつもあり、御在所岳の頂上も歩いて15分ほどで行くことができました。




三重県と滋賀県の県境にもなっていて、運が良ければ琵琶湖まで見えるのですが、今回は見ることができませんでした。雄大な景色を堪能して、上りより怖い下りのロープウェイに乗って、湯の山温泉街に戻りました。


鄙びた感じの温泉街ですが、趣があり、歩いていて楽しかったです。


帰りは、温泉街から高速バスが出ていて、乗換なしで夕方名古屋に到着、みそカツを食べて、東京に戻りました。日帰りの日程でしたが、十分に堪能した遠征でした。

(LAP TIME)
 0- 5㎞   24:27 (タイムロス15秒含む)
 5-10㎞   25:49
10-15㎞  27:07
15-20㎞  25:51
20-Goal  5:19

ゴール 1時間48分33秒

参加賞:萬古焼タンブラー、スポーツドリンク、ボールペン、温泉・ロープウェイ・博物館各種割引券

ライザップ イングリッシュ

ライザップイングリッシュ

マラソンの記録

【フルマラソン】

◆男子世界記録 2時間02分57秒 デニス・キメット (ケニア) 2014年9月 ベルリンマラソン (2分55秒/km)

◆男子日本記録 2時間06分16秒 高岡 寿成 2002年10月 シカゴマラソン (3分00秒/km)

◆女子世界記録 2時間15分25秒 ポーラ・ラドクリフ (英国) 2003年4月 ロンドンマラソン (3分13秒/km)

◆女子日本記録 2時間19分12秒 野口 みずき 2005年9月 ベルリンマラソン (3分18秒/km)

◆自己記録  3時間37分32秒 2013年12月 青島太平洋マラソン(5分09秒/km)


【100km】

◆男子世界記録 6時間13分33秒 砂田 貴裕 (日本)  1998年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分44秒/km)

◆女子世界記録 6時間33分11秒 安部 友恵 (日本) 2000年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分56秒/km)

◆自己記録 12時間13分41秒  2009年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン(7分20秒/km)

【ハーフマラソン】
◆男子世界記録
 58分23秒 ゼルセナイ・タデセ(エリトリア) 2010年3月(ポルトガル・リスボン)(2分46秒/km)
◆男子日本記録 1時間00分17秒 設楽 悠太 2017年9月(チェコ・ウースチー・ナド・ラベム)(2分51秒/km)
◆女子世界記録 1時間05分06秒ペレス・ジェプチルチル (ケニア)2017年2月(RAKハーフマラソン・UAE) (3分05秒/km)
◆女子日本記録 1時間07分26秒 福士 加代子 2006年2月 香川丸亀国際ハーフマラソン) (3分12秒/km)
◆自己記録  1時間37分12秒 2013年11月 江東シーサイドマラソン(4分36秒/km)