2010年8月30日月曜日

2010五島列島夕やけマラソン(その1:長崎市内~福江島上陸編)

8月最後の週末は、北(北海道)ではなく、南の五島列島に行ってきました。

夕やけマラソンは土曜の17時半スタート、
無理をすれば、土曜出発の1泊2日でも可能ですが
かなり慌ただしくなるので、金曜日に休暇をとって、
2泊3日のスケジュールで計画しました。

夕やけマラソンが開催される五島列島の福江島へのアクセスは、
・博多からは飛行機、フェリー
・長崎からは飛行機、ジェットフォイル、フェリー

飛行機は速いが、往復に2万円近くかかる。
フェリーは安いが、博多から9時間半、長崎からでも3時間半以上かかる。
ジェットフォイルなら、フェリーの倍の料金(往復1万円強)ですが
長崎から片道1時間半で到着する。

ということで、ジェットフォイルでの旅を選択しました。
しかし、土曜夜の宿泊先は、色々探しましたが
旅行会社などが完全に抑えてしまっていて、どこも満室でした。
自力で探すのは断念して多少割高になりますが、旅行会社の長崎発着のツアー(ジェットフォイルとホテル1泊)を申し込みことにしました。

ただ、このツアーの申し込みも開始からすぐに一杯になり、宿泊は結局
ビジネスホテルの会議室で10数人の相部屋という条件で申し込むこととなりました。

そして、出発の前日、五島列島の天気予報チェックして、
晴れで問題なさそうだと確認して、8月27日(金)の午後、自宅を出ました。
羽田へ向かう京急線内では、同じ車両で急病人が発生して途中駅で担架に運ばれ、電車が遅れましたが、飛行機の出発時間には間にあって、長崎に向けて出発しました。

夕方6時に長崎空港に到着して、リムジンバスで長崎の海と坂の車窓の景色を楽しみながら、19時前に長崎市内に入りました。
(ちなみに、九州本土の空港利用は7つ目(福岡、北九州、熊本、宮崎、大分、鹿児島、長崎)であと佐賀空港だけになりました。)

長崎市内は初上陸で、噂通りの坂の街で、海と山が接近していて、平坦な場所がほとんどありませんでした。

長崎港そばのホテルにチェックインを済ませた後は、夜の長崎市街を特に目的場所を決めず散策しました。出島、グラバー園、オランダ坂、新地中華街と、他の都市と違って、やはり異国情緒漂う街、坂がきついですが、歩いていて全く飽きることなく楽しめます。普通の住宅街からの夜景も綺麗でした。


あと歩いていて、
長崎のラーメン屋さんはおでんや焼き鳥がある店が多いことと、
街に野良猫がとても多いこと、お弁当屋さんの数が多いことが気になりました。

夕食は、長崎のラーメン(博多ラーメンに近い感じ)とお弁当屋さんで売られた鯨フライなど、
長崎名物っぽいものを組み合わせて食べました。


8月28日(土)

朝6時前に起きると、晴れ、朝から暑いです。
しかし、天気予報を見ると五島付近だけが雨の予報。
雨はまったく考えていなかったので、どうしようかと思いつつ、ホテルで朝食をとって7時過ぎにチェックアウトして長崎港のフェリーターミナルに向かいました。

ターミナル内には、すでにマラソン参加者と思われる人たちでいっぱいでした。



旅行会社のカウンターで、チケットをもらおうとしたら、
「7時40分発のジェットフォイルが欠航になりました。」と知らされました。島に上陸できないのかなと思ったら、
「8時発のフェリーは運航しているので、代わりにそちらをチケットをとりましたのでお渡ししますがよろしいですが。」と尋ねられ、「はい」と答えました。

もし、個人で予約していたら、自分で払い戻しの手続きとフェリーの券の購入を長蛇の列に並んでしなければいけなかったので、それを全部、旅行会社がしてくれたのでラッキーでした。(フェリーとジェットフォイルの差額分も今夜電話があり返金されました。)

そして乗船開始、整理番号順に乗船していき、2等の客室は、座席はなく、絨緞が敷かれたスペースに乗船順に場所を確保していきます。ここでも、幸いに、整理番号が早い上、ツアー客専用のスペースが用意されていて、いい場所に座ることができました。


最終的には定員以上と思われるほど、いっぱいの人が乗ったので、外の通路や、階段に座っている人までいました。

定刻を過ぎて、フェリーは出発しました。船内ははじめのうちは、ワイワイガヤガヤ賑やかだったのですが、船が沖に出て30分ぐらい過ぎてから、大きく揺れ始めました。遊園地の海賊船を思わせる揺れ方で、船内を歩くのにも一苦労、だんだん船酔いになる人が増えてきてました。



皆、できるだけ酔わないようにするため、昼間なのに寝転がりはじめ、静寂に包まれ、まるで集団催眠術にかかったかのような光景でした。 揺れ続ける船内で、到着予定時間が1時間遅れの12時30分頃と発表された時には、悲鳴に近い(ちょっと大げさかも)声も出ました。



私は、幸い、船の中央部で揺れが少なめの位置に座れたので、船酔いにならずにすみました。

そして、12時過ぎ、福江港に近づいてきました。風は強かったですが、雨は降っておらず、無事にレースも開催されそうです。

ジェットフォイルだったら、9時過ぎには福江港に到着していたはずでしたが、予定より3時間半遅れで、ようやく五島列島の福江島に上陸することができました。

つづく

0 件のコメント:

ライザップ イングリッシュ

ライザップイングリッシュ

マラソンの記録

【フルマラソン】

◆男子世界記録 2時間02分57秒 デニス・キメット (ケニア) 2014年9月 ベルリンマラソン (2分55秒/km)

◆男子日本記録 2時間06分16秒 高岡 寿成 2002年10月 シカゴマラソン (3分00秒/km)

◆女子世界記録 2時間15分25秒 ポーラ・ラドクリフ (英国) 2003年4月 ロンドンマラソン (3分13秒/km)

◆女子日本記録 2時間19分12秒 野口 みずき 2005年9月 ベルリンマラソン (3分18秒/km)

◆自己記録  3時間37分32秒 2013年12月 青島太平洋マラソン(5分09秒/km)


【100km】

◆男子世界記録 6時間13分33秒 砂田 貴裕 (日本)  1998年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分44秒/km)

◆女子世界記録 6時間33分11秒 安部 友恵 (日本) 2000年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分56秒/km)

◆自己記録 12時間13分41秒  2009年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン(7分20秒/km)

【ハーフマラソン】
◆男子世界記録
 58分23秒 ゼルセナイ・タデセ(エリトリア) 2010年3月(ポルトガル・リスボン)(2分46秒/km)
◆男子日本記録 1時間00分17秒 設楽 悠太 2017年9月(チェコ・ウースチー・ナド・ラベム)(2分51秒/km)
◆女子世界記録 1時間04分51秒 ジョイシリネ・ジェプコスゲイ (ケニア)2017年10月(バレンシアハーフマラソン・スペイン) (3分04秒/km)
◆女子日本記録 1時間07分26秒 福士 加代子 2006年2月 香川丸亀国際ハーフマラソン) (3分12秒/km)
◆自己記録  1時間37分12秒 2013年11月 江東シーサイドマラソン(4分36秒/km)