2009年6月30日火曜日

2009サロマ湖100kmウルトラマラソン( その1:出発編)

サロマ湖完走への最難関は、80km関門でも、90km関門でもなく、羽田空港の保安検査場でした。

いつも、航空券は自分で購入するのですが、今回は、サロマ常連のランニングチームに同行させて頂いたため、航空券は手分けして購入していて、空港で待ち合わせをして、航空券をもらってから、搭乗口へ入る予定でした。

6月27日(土)
釧路行き7時40分発の飛行機に乗るため、羽田空港へは7時過ぎに到着しました。
7時10分頃、3人分のチケットを購入したメンバーと合流、しかし、もう一人がきません。しばらくして、第1ターミナルと第2ターミナルを間違えたとの連絡が入りました。7時20分すぎ、ようやく合流、私は保安検査場へ、2人は荷物預かりに行きました。

しかし、土曜日の朝、空港は大混雑で、検査場も大行列ができていました。優先レーンも大混雑していて、7時25分、30分発の人も並んでいました。遅れそうになったら、呼びにきているようだったので、ここで待っていたのですが、行列がなかなか前に進みません。むしろ、普通のレーンのほうが早く進んでいるようです。

しばらくすると、検査場に入場できずに、係員ともめている人がでてきました。何となくまずい状況に。

すでに出発時間は過ぎ、あと数人、しかし前の人はやはり中へ入れませんでした。どうもタッチ&ゴーサービスを利用している人がはじかれているようです。
やっと自分の番がまわってきて、搭乗券をかざして、何とか通過できました。

そして、急いで搭乗口を探します。しばらくすると、釧路行きの案内をもった係員を見つけると、「急いでください」といわれ、猛スピードで走りだしました。ついていくのがやっとでしたが、何とかバスに乗ることができました。

しかし、同行の2人がまだ来ません。しばらくして、係員がきて、「お連れ様いらっしゃいますか?お連れ様が乗れなかった場合は、お客様はどうしますか?」と究極の選択を迫られました。「何とかなりませんか」「もう待てません」そんな会話をしていると、2人が現れました。

かろうじて、飛行機に乗ることができましたが、20分遅れの出発になってしまいました。

先に飛行機の乗っていたメンバーによると、「4人の搭乗を待っていますとの機内アナウンスがあったり、2人の荷物を飛行機の中から取り出す様子を見たなど、ぎりぎりの状況だったようです。


(当日、この便に乗られた方、遅くなりまして、大変申し訳ございませんでした。)

トラブルでスタートしたサロマ湖遠征でした。
(つづく) その2へ

0 件のコメント:

ライザップ イングリッシュ

ライザップイングリッシュ

マラソンの記録

【フルマラソン】

◆男子世界記録 2時間02分57秒 デニス・キメット (ケニア) 2014年9月 ベルリンマラソン (2分55秒/km)

◆男子日本記録 2時間06分16秒 高岡 寿成 2002年10月 シカゴマラソン (3分00秒/km)

◆女子世界記録 2時間15分25秒 ポーラ・ラドクリフ (英国) 2003年4月 ロンドンマラソン (3分13秒/km)

◆女子日本記録 2時間19分12秒 野口 みずき 2005年9月 ベルリンマラソン (3分18秒/km)

◆自己記録  3時間37分32秒 2013年12月 青島太平洋マラソン(5分09秒/km)


【100km】

◆男子世界記録 6時間13分33秒 砂田 貴裕 (日本)  1998年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分44秒/km)

◆女子世界記録 6時間33分11秒 安部 友恵 (日本) 2000年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分56秒/km)

◆自己記録 12時間13分41秒  2009年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン(7分20秒/km)

【ハーフマラソン】
◆男子世界記録
 58分23秒 ゼルセナイ・タデセ(エリトリア) 2010年3月(ポルトガル・リスボン)(2分46秒/km)
◆男子日本記録 1時間00分17秒 設楽 悠太 2017年9月(チェコ・ウースチー・ナド・ラベム)(2分51秒/km)
◆女子世界記録 1時間04分51秒 ジョイシリネ・ジェプコスゲイ (ケニア)2017年10月(バレンシアハーフマラソン・スペイン) (3分04秒/km)
◆女子日本記録 1時間07分26秒 福士 加代子 2006年2月 香川丸亀国際ハーフマラソン) (3分12秒/km)
◆自己記録  1時間37分12秒 2013年11月 江東シーサイドマラソン(4分36秒/km)