2009年4月7日火曜日

2009日本平桜マラソン

2009年 4月5日 日本平桜マラソン

3月1日のふやかシティハーフマラソン以来、仕事が忙しく、走ることができず、約1ヶ月ぶりのランニングが、静岡の日本平桜マラソン(23.4km)です。23.4キロは箱根駅伝5区山登りと同じ距離、この大会も日本平の山頂まで200m以上上って下る厳しいコースです。制限時間は2時間20分、キロ6分ペース普段であれば問題ない時間ですが、久しぶりのランで、疲労の蓄積した体、完走を第一、目標に走ることにしました。

当日、新幹線で静岡へ、心配された雨はなかったのですが曇り空のため、三島あたりで見えた富士山は、静岡市内から残念ながら見ることができませんでした。

午前9時20分に、草薙陸上競技場をスタートしました。9kmまでは、ひたすら上ります。日本平パークウェイは、桜並木もあり綺麗で、対向車も走っていないため、気持ちよく走れますが、さすがに上り続きで、練習不足の体には応えました。それでも、思ったよりは走れている感じで、日本平の山頂までキロ5分50秒程度のペースで到達しました。山頂からは、駿河湾と桜、茶畑をのぞむ絶景で、富士山が見られなかったことを除けば最高の眺めでした。

ここまで来れば、あとは得意の下りで何とかなると思い、半分ゴールした気分でいたのですが、実際はそんなに甘くはありませんでした。後半は日本平の旧道で、上りよりも急坂を下ります。ここでは調子よく下れたのですが、下りきった15kmからは、市街地のほぼ平坦な道路が8キロ続きます。平地になった途端に足が動かなくなり、みるみるうちにペースが落ちていきました。

ハーフマラソンだと、16キロを過ぎればあと5キロで気分的に楽になるのですが、今回はまだ7.4キロも残っているので精神的にも辛くなってきました。完走も危なくなってきたので、残り時間と距離を逆算して歩くようなスピードで走りました。18キロ付近の難関"ジャスコの坂"と呼ばれている上り坂では、歩くことに、もうフラフラな状態でした。それでも、何とか制限時間内に競技場にたどり着きゴールできました。まるでウルトラマラソンを走ったときのような疲労度でした。









再来週には、長野マラソンを控えているのですが、今のままではかなり危ない感じです。とりあえず、疲労をとりながら、練習を増やしたいと思います。

参加賞:Tシャツ、リポビタンD

 0-5km 29:32
 5-10km 27:50 (57:23)
10-15km 23:33 (1:20:57)
15-20km 29:42 (1:50:39)

ゴール(23.4km) 2時間13分33秒

0 件のコメント:

ライザップ イングリッシュ

ライザップイングリッシュ

マラソンの記録

【フルマラソン】

◆男子世界記録 2時間02分57秒 デニス・キメット (ケニア) 2014年9月 ベルリンマラソン (2分55秒/km)

◆男子日本記録 2時間06分16秒 高岡 寿成 2002年10月 シカゴマラソン (3分00秒/km)

◆女子世界記録 2時間15分25秒 ポーラ・ラドクリフ (英国) 2003年4月 ロンドンマラソン (3分13秒/km)

◆女子日本記録 2時間19分12秒 野口 みずき 2005年9月 ベルリンマラソン (3分18秒/km)

◆自己記録  3時間37分32秒 2013年12月 青島太平洋マラソン(5分09秒/km)


【100km】

◆男子世界記録 6時間13分33秒 砂田 貴裕 (日本)  1998年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分44秒/km)

◆女子世界記録 6時間33分11秒 安部 友恵 (日本) 2000年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分56秒/km)

◆自己記録 12時間13分41秒  2009年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン(7分20秒/km)

【ハーフマラソン】
◆男子世界記録
 58分23秒 ゼルセナイ・タデセ(エリトリア) 2010年3月(ポルトガル・リスボン)(2分46秒/km)
◆男子日本記録 1時間00分17秒 設楽 悠太 2017年9月(チェコ・ウースチー・ナド・ラベム)(2分51秒/km)
◆女子世界記録 1時間04分51秒 ジョイシリネ・ジェプコスゲイ (ケニア)2017年10月(バレンシアハーフマラソン・スペイン) (3分04秒/km)
◆女子日本記録 1時間07分26秒 福士 加代子 2006年2月 香川丸亀国際ハーフマラソン) (3分12秒/km)
◆自己記録  1時間37分12秒 2013年11月 江東シーサイドマラソン(4分36秒/km)