2007年6月19日火曜日

湘南国際マラソン2007

2007年3月18日 フルマラソン



記念すべき第1回大会、会場の片瀬江ノ島までPasmoを使って参加してきました。

社会人になってからは、繁忙期に当たる3月のフルマラソンは回避してきましたが、湘南を走れるということ(東京マラソンはずれたということ)でエントリーしました。

 とはいえ、練習量は皆無に等しく、体も疲れによるだるさが残った状態、とにかくゆっくり楽しむことだけを考えて望みました。

スタート前は、荷物預かりとスタート地点が1~2キロ離れており、往復するのに一苦労、ウォーミングアップもできずに慌しくスタートラインにつきました。(トイレは奇跡的に待ち時間0分で入れたのに、それでも慌しかったです。)

正面に富士山を望みながら、朝9時にスタートしました。このコースは練習会で4回(途中まで)試走しており、慣れ親しんでいましたが、富士山がこんなに綺麗に見れたのは初めてで、ゆっくり走るつもりがついついスピードが上がってしまいました。

景色を楽しんでいるうちに、いつのまにか折り返しました。後半は向かい風、富士山に背を向けて走る格好になり、ちょっときつくなりました。それでも、沿道の声援(私設エイドも含め)が多く、励まされました。

特に浜須賀の交差点は何重もの人の群れで、一瞬箱根駅伝の選手の雰囲気を味わえました。 30キロ以降、きつくなりましたが、予定の1キロ6分のペースでゴールしました。

第1回ということで、運営上は色々問題ありましたが、天気に恵まれたこともあり、とても走りやすいコースでした。 翌日の今日、体にガタがきています。 来年は、仕事次第ですね。



0 件のコメント:

ライザップ イングリッシュ

ライザップイングリッシュ

マラソンの記録

【フルマラソン】

◆男子世界記録 2時間02分57秒 デニス・キメット (ケニア) 2014年9月 ベルリンマラソン (2分55秒/km)

◆男子日本記録 2時間06分16秒 高岡 寿成 2002年10月 シカゴマラソン (3分00秒/km)

◆女子世界記録 2時間15分25秒 ポーラ・ラドクリフ (英国) 2003年4月 ロンドンマラソン (3分13秒/km)

◆女子日本記録 2時間19分12秒 野口 みずき 2005年9月 ベルリンマラソン (3分18秒/km)

◆自己記録  3時間37分32秒 2013年12月 青島太平洋マラソン(5分09秒/km)


【100km】

◆男子世界記録 6時間13分33秒 砂田 貴裕 (日本)  1998年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分44秒/km)

◆女子世界記録 6時間33分11秒 安部 友恵 (日本) 2000年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分56秒/km)

◆自己記録 12時間13分41秒  2009年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン(7分20秒/km)

【ハーフマラソン】
◆男子世界記録
 58分23秒 ゼルセナイ・タデセ(エリトリア) 2010年3月(ポルトガル・リスボン)(2分46秒/km)
◆男子日本記録 1時間00分17秒 設楽 悠太 2017年9月(チェコ・ウースチー・ナド・ラベム)(2分51秒/km)
◆女子世界記録 1時間05分06秒ペレス・ジェプチルチル (ケニア)2017年2月(RAKハーフマラソン・UAE) (3分05秒/km)
◆女子日本記録 1時間07分26秒 福士 加代子 2006年2月 香川丸亀国際ハーフマラソン) (3分12秒/km)
◆自己記録  1時間37分12秒 2013年11月 江東シーサイドマラソン(4分36秒/km)