2016年10月15日土曜日

2016八王子ロードレース

2016年10月9日(日)八王子ロードレース 10km
http://www.city.hachioji.tokyo.jp/kyoiku/sports/gyojitaikai/050385.html

三連休の中日は、久しぶりに短い10kmの距離の大会でした。

10月9日(日)朝、8時半過ぎに家を出て、9時半前に、高尾駅に到着しました。

強い雨が降っていましたが、ハイキング姿の人を多く見かけました。


高尾駅から歩いて、15分ほどで浅川沿いの受付会場に到着


のどかな風景ですが、強い雨が降り続いて、会場は泥だらけです。



雨をしのげる場所を探して、対岸に渡り、公衆トイレの屋根の下で、ナンバーカードをつけて、荷物を預けて、スタートラインに立ちました。




10km40代男子は40名ほど、しかし、スタート地点には風速計、陸上競技協会のスタッフによる最終点呼もあり本格的です。


スタート地点に整列する頃には、雨が止み、まずまずのコンディションの中、午前10時15分、10kmがスタートしました。


先週のフルマラソンの結果から考えると、50分切りが現実的な目標と考え、走り始めました。

しかし、序盤、ランナーが少ないこともあり、スムーズに進んで、いつの間にかハイペースに。1kmは、4分13秒、完全にオーバーペースになっていました。

そこから、急激にペースを下げるわけにもいかず、徐々にペースを落としていき、4kmまでは、キロ4分40秒前後のペースを維持して走っていきますが、中盤から足が止まり、折り返しの5kmまでの1kmは5分20秒近くかかってしまいました。

序盤は前のランナーと競り合っていたことで、何とかペースを保っていましたが、後半は、ほとんど単独そうで、キロ5分20秒前後のペースを維持するのが精一杯、最後は、何とか50分を切る49分48秒でのフィニッシュでした。

自分の走っている感覚とタイムとの差が大き過ぎて、平均ペースで走れていないので、まだまだ不調が続いています。



 浅川沿いを走るコース、長閑な雰囲気で、ジョギングを楽しむには良いコースだと思いました。



雨で色々濡れていたので、早めに着替えて会場を後にしました。




0-5km 23:18
4:13-4:35-4:42-4:39-5:09

5-10km 26:30
5:20-5:17-5:18-5:20-5:15

タイム49:48 (4:58.8/km)

参加賞:タオル



0 件のコメント:

Books

マラソンの記録

【フルマラソン】

◆男子世界記録 2時間02分57秒 デニス・キメット (ケニア) 2014年9月 ベルリンマラソン (2分55秒/km)

◆男子日本記録 2時間06分16秒 高岡 寿成 2002年10月 シカゴマラソン (3分00秒/km)

◆女子世界記録 2時間15分25秒 ポーラ・ラドクリフ (英国) 2003年4月 ロンドンマラソン (3分13秒/km)

◆女子日本記録 2時間19分12秒 野口 みずき 2005年9月 ベルリンマラソン (3分18秒/km)

◆自己記録  3時間37分32秒 2013年12月 青島太平洋マラソン(5分09秒/km)


【100km】

◆男子世界記録 6時間13分33秒 砂田 貴裕 (日本)  1998年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分44秒/km)

◆女子世界記録 6時間33分11秒 安部 友恵 (日本) 2000年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分56秒/km)

◆自己記録 12時間13分41秒  2009年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン(7分20秒/km)

【ハーフマラソン】
◆男子世界記録
 58分23秒 ゼルセナイ・タデセ(エリトリア) 2010年3月(ポルトガル・リスボン)(2分46秒/km)
◆男子日本記録 1時間00分25秒 佐藤 敦之 2007年10月(伊・ウディネ)(2分52秒/km)
◆女子世界記録 1時間05分06秒 ペレス・ジェプチルチル (ケニア)2017年2月(RAKハーフマラソン・UAE) (3分05秒/km)
◆女子日本記録 1時間07分26秒 福士 加代子 2006年2月 香川丸亀国際ハーフマラソン) (3分12秒/km)
◆自己記録  1時間37分12秒 2013年11月 江東シーサイドマラソン(4分36秒/km)