2009年5月14日木曜日

名栗湖-棒ノ嶺 試走

5月9日は、5月末に行われる名栗U字連山スーパートレイルランのコースの下見を兼ねて試走しました。
飯能から、走友の車で30分、名栗湖に到着しました。前日までの雨がやみ、空気が澄んでとてもきれいでした。大会当日は、28キロですが、今回は、スタート地点から棒ノ嶺まで、約16キロ走りました。

今まで何度かトレイルランを走ったことがあったので、少々山を甘くを見ていたのかもしれませんが、このコースの険しさに驚かされました。険しい角度の沢をずっとのぼっていく道では、心臓の鼓動が激しく息苦しくなり、ダウン寸前でした。険しい山をのぼったあとの景色は最高でしたが、果たして当日完走できるか不安です。

帰りは、近くのさわらびの湯の温泉に入り、川越で大助うどんを食べて帰りました。へとへとになるまで体を動かした後だったので、温泉と食事は天国のような気分に感じました。





2009年5月1日金曜日

2009横浜駅伝

29日の祝日は、横浜駅伝でした。
会場は鶴見川のランニングコースで、フルマラソンの距離を7人でつなぐ大会です。

1区:10km、2区:3km、3区:5km、4区:8km、5区:3km、6区:5km、7区:8.195km

今年で4回目の参加、4区8キロが担当でした。4区には縁があって3度目になります。
先週の5000mのタイムから、36分を目標に走ることにしました。

しかし、たすきを受け取ったで走り出したときから、何か体が重く感じて、スピードに乗れませんでした。気温も上がってきて、序盤から苦しい走りになりました。ただラスト1キロは何とか踏ん張って、5区にたすきをつなぎました。手元の時計で36分35秒、目標達成ならずでした。

チームは3時間5分でゴール、運よく123位でとび賞の楯を頂きました。(ただ7人のチームで楯1つなので、記念撮影をして、楯の保管は10キロを走った方になりました。)

ゴール後は、河原で打ち上げ、アクティブなゴールデンウィークの始まりでした。

参加賞:バンダナ



Books

マラソンの記録

【フルマラソン】

◆男子世界記録 2時間02分57秒 デニス・キメット (ケニア) 2014年9月 ベルリンマラソン (2分55秒/km)

◆男子日本記録 2時間06分16秒 高岡 寿成 2002年10月 シカゴマラソン (3分00秒/km)

◆女子世界記録 2時間15分25秒 ポーラ・ラドクリフ (英国) 2003年4月 ロンドンマラソン (3分13秒/km)

◆女子日本記録 2時間19分12秒 野口 みずき 2005年9月 ベルリンマラソン (3分18秒/km)

◆自己記録  3時間37分32秒 2013年12月 青島太平洋マラソン(5分09秒/km)


【100km】

◆男子世界記録 6時間13分33秒 砂田 貴裕 (日本)  1998年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分44秒/km)

◆女子世界記録 6時間33分11秒 安部 友恵 (日本) 2000年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分56秒/km)

◆自己記録 12時間13分41秒  2009年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン(7分20秒/km)

【ハーフマラソン】
◆男子世界記録
 58分23秒 ゼルセナイ・タデセ(エリトリア) 2010年3月(ポルトガル・リスボン)(2分46秒/km)
◆男子日本記録 1時間00分25秒 佐藤 敦之 2007年10月(伊・ウディネ)(2分52秒/km)
◆女子世界記録 1時間05分06秒ペレス・ジェプチルチル (ケニア)2017年2月(RAKハーフマラソン・UAE) (3分05秒/km)
◆女子日本記録 1時間07分26秒 福士 加代子 2006年2月 香川丸亀国際ハーフマラソン) (3分12秒/km)
◆自己記録  1時間37分12秒 2013年11月 江東シーサイドマラソン(4分36秒/km)