2008年10月27日月曜日

2008あづみ野池田ハーフマラソン

2008年10月26日 あづみ野池田ハーフマラソン (ハーフ)

一関、別海町、松島、富士川、そして5週連続の遠征の最後は、長野(安曇野市)の実家に戻って、隣町の池田町で行われた大会に参加しました。

この日は、手賀沼、諏訪湖、勝沼と首都圏で人気の大会があり、ここの大会は参加者数も1000人程度で、地元中心の大会です。

童謡「てるてる坊主」の作詞家浅原鏡村、元?アイドル乙葉、そして本日のゲストランナーで名ランナー中山竹通選手(来年は息子さんが早稲田で箱根を走るか注目されています。)の出身地が池田町です。

実家から珍しく自分で車を運転して、30分ほどで会場に到着し、午前9時にハーフの部がスタートしました。昨日は曇っていて涼しかったのですが、湿った感じの重たい強風が吹き続けていました。高瀬川沿いの堤防道路を中心に町内を走るフラットなコースで、風さえ吹かなければとても走りやすいコースですが、昨日は風との戦いでした。

最初の4キロは向かい風で、普段の大会と違って、単独で走る人は少なく、風よけのためにいくつかの集団が形成されました。前へ行きたいけど、単独で走るとまともに風の影響を受けるので、自重して走りました。4キロ過ぎからは追い風で、しばらくは風に身を任せる形で気持ちよく走りました。

途中、中山竹通選手が、往年と変わらないスピードで、すれ違いました。(通常のゲストランナーと違って、中山選手はがちんこで走ります。この日も1時間17分台でゴールしたようです。)

10キロ通過のタイムは25分台、追い風の割に5キロ通過とあまり変わりません。どうやら、平坦に見えていた道ですが、高瀬川の上流から下流へ傾斜があり、向かい風の時は下り坂、追い風の時は上り坂のようです。中間点で折り返して、向かい風、しかし、下りだと思って、スピードを上げようとするのですが、風で体がもっていかれそうになります。後半は頑張っても、なかなか進まず17キロ過ぎまで悪戦苦闘でした。最後は、追い風になり、少し挽回しましたが、1時間47分台でゴールしました。風さえなければ、自己記録の可能性もあっただけに少し残念な結果でした。

ゴール後、20回記念の2分の1の確率で豪華商品が当たるくじ引きも、はずれてしまいましたが、無料サービス豚汁を食べて会場を離れました。

遠征が続きましたが、11月は下関以外は、首都圏なので、少し身体を休めて、フルマラソン、ハーフマラソンの自己記録を目指したいと思います。

<ラップタイム>
0-5km 25:18
5-10km 25:08
10-15km 25:30
15-20km 25:58

ゴール 1時間47分25秒

参加賞:タオル、てるてる坊主の香り袋、豚汁、アクエリアス
20回記念で抽選で2人に1人にお米、お酒など豪華商品




0 件のコメント:

Books

マラソンの記録

【フルマラソン】

◆男子世界記録 2時間02分57秒 デニス・キメット (ケニア) 2014年9月 ベルリンマラソン (2分55秒/km)

◆男子日本記録 2時間06分16秒 高岡 寿成 2002年10月 シカゴマラソン (3分00秒/km)

◆女子世界記録 2時間15分25秒 ポーラ・ラドクリフ (英国) 2003年4月 ロンドンマラソン (3分13秒/km)

◆女子日本記録 2時間19分12秒 野口 みずき 2005年9月 ベルリンマラソン (3分18秒/km)

◆自己記録  3時間37分32秒 2013年12月 青島太平洋マラソン(5分09秒/km)


【100km】

◆男子世界記録 6時間13分33秒 砂田 貴裕 (日本)  1998年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分44秒/km)

◆女子世界記録 6時間33分11秒 安部 友恵 (日本) 2000年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分56秒/km)

◆自己記録 12時間13分41秒  2009年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン(7分20秒/km)

【ハーフマラソン】
◆男子世界記録
 58分23秒 ゼルセナイ・タデセ(エリトリア) 2010年3月(ポルトガル・リスボン)(2分46秒/km)
◆男子日本記録 1時間00分25秒 佐藤 敦之 2007年10月(伊・ウディネ)(2分52秒/km)
◆女子世界記録 1時間05分06秒ペレス・ジェプチルチル (ケニア)2017年2月(RAKハーフマラソン・UAE) (3分05秒/km)
◆女子日本記録 1時間07分26秒 福士 加代子 2006年2月 香川丸亀国際ハーフマラソン) (3分12秒/km)
◆自己記録  1時間37分12秒 2013年11月 江東シーサイドマラソン(4分36秒/km)