2007年11月12日月曜日

2007矢板たかはらマラソン


2007年11月11日 ハーフ

栃木県の矢板でのハーフマラソンに参加しました。





















矢板は宇都宮から電車で30分と結構遠く離れた場所にあり、おまけに大会送迎バスもレースは10時スタートなのに、矢板駅8時25分が最終と早く、その電車に間に合わせるには新幹線を使っても朝5時に家を出なければいけなかったので、それよりも朝6時24分に新宿から矢板まで直通の快速フェアウェイ号があることが分かり、それに乗って矢板までくつろぎながら行きました。

矢板駅に到着すると、たくさんの送迎バスが・・・しかし、全てゴルフ場行きでした。フェアウェイ号にはランナーは乗っておらず、ゴルファーばかりでした。

仕方なくタクシーで会場まで行きました。(新幹線を使うよりはお得でした。)

会場の運動公園は、緑豊かな山の中にありました。到着した頃が空模様が怪しくなり、雨が降り出し始めました。とりあえず、雨の凌げる更衣室(相撲場)に場所を確保しました。

10時にハーフの部がスタートしました。この頃から雨は次第に強くなり、本降りになってきました。走り始めたら雨は苦にならず、むしろ呼吸が楽になり、まずまずのペースで走っていきました。前半は、緩やかな上り下りで走りやすかったのですが、中間点を過ぎると、厳しい上りが始まりました。ただ、今回は余裕があり、それほどペースを落とすことなく登りきり、その後の長い下りでペースを上げることができました。

残り3kmでは、りんごのエイドがあり、一切れ食べて、スピードアップ、そしてゴール付近へ、しかし、ここから最後に険しい登り坂があり、何とか登りきったあとも、泥だらけのトラック半周という最後の難関が待っていました。ダートの重馬場は大変走りにくかったですが、それでも、このコースで自己ベストより3分差のタイム(1:47)でゴールできました。

ゴール後は、コーンスープ、温かい麦茶で暖まり、りんご食べ放題のサービスを堪能しました。ハーフのゴール後は雨が止んでいたのですが、10km・5kmのレースは雨が降り続いており、多くの人が、足早に帰った影響で、出店が売れずに大盤振る舞いで、けんちんうどん(300円)を注文したら、てんこ盛りにしてくれました。

参加費2,000円でしたが、結構サービスのいい大会でした。でも、電車で行くのはちょっと大変でした。

(参加賞)長袖Tシャツ(その他、バスタオル、エコバックセットの3つから選択)、カロリーメイト、種無し乾燥梅、温泉入浴割引券、
(サービス)りんご食べ放題、コーンスープ、麦茶、エネルゲン

矢板駅より無料送迎バスあり(本数は少ない)、タクシーの場合1,300円





0 件のコメント:

Books

マラソンの記録

【フルマラソン】

◆男子世界記録 2時間02分57秒 デニス・キメット (ケニア) 2014年9月 ベルリンマラソン (2分55秒/km)

◆男子日本記録 2時間06分16秒 高岡 寿成 2002年10月 シカゴマラソン (3分00秒/km)

◆女子世界記録 2時間15分25秒 ポーラ・ラドクリフ (英国) 2003年4月 ロンドンマラソン (3分13秒/km)

◆女子日本記録 2時間19分12秒 野口 みずき 2005年9月 ベルリンマラソン (3分18秒/km)

◆自己記録  3時間37分32秒 2013年12月 青島太平洋マラソン(5分09秒/km)


【100km】

◆男子世界記録 6時間13分33秒 砂田 貴裕 (日本)  1998年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分44秒/km)

◆女子世界記録 6時間33分11秒 安部 友恵 (日本) 2000年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分56秒/km)

◆自己記録 12時間13分41秒  2009年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン(7分20秒/km)

【ハーフマラソン】
◆男子世界記録
 58分23秒 ゼルセナイ・タデセ(エリトリア) 2010年3月(ポルトガル・リスボン)(2分46秒/km)
◆男子日本記録 1時間00分25秒 佐藤 敦之 2007年10月(伊・ウディネ)(2分52秒/km)
◆女子世界記録 1時間05分06秒ペレス・ジェプチルチル (ケニア)2017年2月(RAKハーフマラソン・UAE) (3分05秒/km)
◆女子日本記録 1時間07分26秒 福士 加代子 2006年2月 香川丸亀国際ハーフマラソン) (3分12秒/km)
◆自己記録  1時間37分12秒 2013年11月 江東シーサイドマラソン(4分36秒/km)